週刊ベースボールONLINE

川口和久のスクリューボール

川口和久コラム「『三密』はなしだが、先発の『四密』はあり?」

 

巨人菅野智之なら中4日も難なくこなせそう


中6日って必要なの?


 今回の原稿の締め切りは5月24日なのでまだ分からないけど、この号が出るころには、プロ野球の開幕日が発表されていると思う(※その後、6月19日開幕が発表)。野球協約もあるし、120試合程度というのは、ほぼ確定かな。11月半ばに日本シリーズとすれば、およそ5カ月の短期決戦となる。従来より20試合以上少なくなるとはいえ、雨天中止なども考えれば、ダブルヘッダーや月曜開催も出てくるかもしれないし、かなりタフなシーズンになることは間違いない。

 6月19日開幕なら、スタートダッシュしたいチームは、その1週間前にはトップギアに入れておきたいが、現状、各チームの調整具合にかなり差がある。これからの全体練習で監督はあらためて選手の状態をチェックしていくと思うが、自粛期間で、おなかがぽっこりした選手もいるはずだ。スタートダッシュはあきらめ、戦いながら整えていくしかないチームも出てくるだろう。

 短期、しかも超過密スケジュールを勝ち抜くために一番大きいのは投手力だが、どのチームも万全とは言えない。世代交代の時期にあるチームも多く、今シーズンは未知数の選手もどんどん先発で使っていくしかない。

「やってみなきゃ分からないシーズンになったな」と不安に思っている監督さんに1つお勧めの策が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

川口和久

広島、巨人で活躍した川口和久氏が独自の視点でプロ野球に斬り込む連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング