週刊ベースボールONLINE

【野村克也の本格野球論】主題「プロ意識」 新庄剛志はまさに典型的な阪神の選手だった

 

新庄のように能力だけで生き残る選手は少ない/写真=BBM


「人気先行型のチーム」と内心、バカにしていた


 監督時代、毎年シーズンのスタートにあたり、ミーティングで『野村の考え』として選手たちに口酸っぱく繰り返してきたのが、「プロ意識を持て」ということだった。プロで生き残るために、必要不可欠な要素である。

 しかし、だ。私が監督として見た阪神タイガースには、まったくそれがなかった。ある意味、このプロ意識のなさが、阪神の“伝統”なのだ。私が選手として長く在籍した南海ホークスは、リーグこそ違えど同じ関西のチーム。ただし、いつもスポーツ紙の一面に載るのは阪神だった。典型的な人気先行型のチーム。だから、われわれは内心、阪神の選手をバカにしていたものだ。「環境が人を育てる」というとおり、歴代の阪神監督を見ても、藤本定義さん以外、名監督は出ていない。

 そんなチームの監督を引き受けた私が悪かった。昔から何も変わらず、ぬるく、甘い体質。「このチームは、なんだ?」と思ったときには、遅かった。1999年、監督1年目のシーズンは最下位に終わり、翌年半ばに「もう、やめさせてくれ」とオーナーを訪ねたが、「それは困る。3年契約なのだから、そこは全うしてもらわないと」と慰留された。「私の手には負えません」と言っても、契約は契約。結局、さらにムダな2年間を送ることになった。

 要は、タニマチ球団なのだ。大阪だけでなく全国どこへ遠征に出かけてもタニマチがおり、選手は連日、彼らに誘われ、夜の街へと出かけてしまう。遠征先のホテルに残っているのは、いつもマネジャーと私だけだった。なぜ誰も不思議に思わないのだろう。

 もちろん、プロ野球は人気商売だ。熱心に応援、後援してくれるファンあってのものである。しかし阪神は、その一面に甘え切っていた。もし田舎の高校生だった私が阪神に入団していたら、おそらく今はなかっただろう。

 私が監督をしていた当時の選手でいえば、新庄剛志はまさに典型的な阪神の選手だった。プロ意識はまったくなし。自分のためだけに、野球をやっているように感じられた。私も長いこと監督を務め、大勢の選手を見てきたが、あれはまさに“変人”選手の代表格だ。

 彼と話をしていて、これは子ども扱いどころか、赤ちゃん扱いしたほうがいい。好きにやらせたほうがいいと思った。そこで、彼に聞いた。

「お前、9つのポジションで一番やりたいのはどこだ?」

 すると新庄は、「そりゃあ、ピッチャーです」と答えた。

「じゃあ、やってみろ」

 彼には、理詰めで言っても分からない。言葉では到底、納得させられなかった。それなら経験させてみるしかない。ピッチャーの難しさ。ただキャッチャーのサインを見て投げていればいいのではない、配球の妙。案の定、「やっぱり、ピッチャーは無理です」と言って、おとなしく外野に収まった。

アタマを使っても使わなくてもできるから野球は厄介だ


 足が速い、肩が強い。その2つの特長は、生まれながらにして親から授かった才能だ。鍛えてよくなるものではない、天賦の才。新庄の場合、足と肩はかなり秀でていたが、アタマを使うことは苦手だった。バッティングは、目の付けどころとアタマが肝心。その2つがないのだから、珍しい。

 いくら指導しても、徒労に終わるのだ。思考力がないから、行動力も伴わない。思考と行動は、それほど直結している。私は楽天の監督に就いたとき、誰を正捕手に据えるかの参考にと、中学時代の通知表を捕手全員に持ってこさせた。新庄の通知表も、見たかったな。

 素質は素晴らしく、ムードも抜群。しかし、新庄の辞書に、“努力”という言葉はなさそうだった。野球の厄介なところは、アタマを使ってもできるし、アタマを使わなくてもできること。何も考えないでプレーする選手は、だいたい二軍止まりなのだが、新庄の場合は違った。アタマを使う習慣があったならだが、長嶋茂雄どころではない、長嶋をも超越した、最強の選手になっていたかもしれない。

 私は阪神には向いていなかったが、阪神は新庄にピッタリの球団だった。いわゆる“管理野球”であれこれ注文をつけては、彼の良さがすべて消えてしまったことだろう。ただ重ねて言うが、彼は特別な人である。プロ意識とは、恥の意識。思考や感性を働かせた選手のみが、長年プロで一流として生き残る。このページでも再三書いてきたが、1球投げて休憩、1球投げて休憩。この“間”をなんと心得るか。要は次のプレーの前に考える時間、備える時間を与えているのだ。それが野球の本質であり、特長。私が「野球はアタマのスポーツ」という所以である。ほかのスポーツにはない休憩の意味を今一度、よく考えてほしい。

 ところで新庄は今、何をして暮らしているのだろう。相変わらず、われわれには計り知れない発想で、自由気ままに生きているのだろうか。

関連キーワード検索

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング