週刊ベースボールONLINE

プロ野球デキゴトロジー/4月23日

“もってる男”長嶋一茂がセ・リーグ3万号本塁打【1993年4月23日】

 

巨人移籍第1号。ポテンシャルは高く評価されていたが……


 プロ野球の歴史の中で、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は4月23日だ。

 1993年春、球界は待ちに待った長嶋茂雄監督の巨人監督就任で沸きに沸いていた。前年秋のドラフトでは1位で、自ら松井秀喜の交渉権を引き当て大きな話題となったが、巨人ファンも微妙な反応を示したのがヤクルトから金銭トレードで長男・長嶋一茂を獲得したことだ。

 しかも、前年67試合出場で打率.221と低迷した一茂を長嶋監督は開幕から「六番・レフト」のスタメンに抜てき。それでも開幕2戦目にタイムリーと、まずまず無難なスタートは切った。その後、打撃低迷でスタメンから外れたが、4月21日には二軍と一軍で“親子ゲーム”に出場。あこがれの巨人、しかも夢だった親子でのGのユニフォーム……必死にはい上がろうとする執念は感じた。

 迎えた23日の阪神戦(甲子園)。原辰徳が左ふくらはぎ痛で離脱すると、中畑清コーチから「調子が上がっているという報告を受けていた」という長嶋監督は迷わず一茂をスタメンサードで起用。すると5打数3安打、2打点、1盗塁で期待に応え、2打席目には仲田幸司から移籍第1号アーチ。実は、これがセ・リーグの記念すべき3万号本塁打でもあった。

 一茂は結局、同シーズンの本塁打はこれ1本。その後もスタメン定着はならず、95年オフ、長嶋監督自ら「戦力外通告」。引退し、普通の親子に戻った。

写真=BBM
週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング