週刊ベースボールONLINE

運命の女神はどこに微笑んだのか

元巨人チーフスカウト中村和久による2012年ドラフト総括

 

藤浪4、東浜3、森2と、3選手をめぐって計9球団が競合した今回のドラフト。
最も成果を上げたのはどの球団だったのだろうか。各球団の指名傾向を、
巨人チーフスカウトの中村和久氏に分析してもらった。

 今ドラフトでは3選手の指名が重複したわけだが、その中でも東浜と藤浪が即戦力としての評価が高かった。これらの選手を獲得できたソフトバンク阪神は、これだけで100点満点に近い成果を上げたと言ってもいい。その後の指名も年齢、ポジションでバランス良い指名となったようだ。

 また、高校生サウスポーの森は楽天が獲得。来年の台頭を視野に入れつつも、中期的に育てていく方針がチームにあるのだろう。これまでの田中、釜田といった高校生ルーキーの起用法を見る限り・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング