週刊ベースボールONLINE

特集・激動の「平成プロ野球」回顧録

写真で見る平成のプロ野球

 

野茂が開いた世界への扉


写真=AP



 近鉄のエースだった野茂英雄が1995年、ドジャースへ移籍。1年目から13勝6敗、リーグ最多の236奪三振と新人王を獲得するセンセーショナルな大活躍を見せると、日本プロ野球でトップに上り詰めた選手もそうでもない選手も、さらにはプロ入りしていない選手も含めた多くのプレーヤーが、海の向こうを最終目標とするようになった。また、それ以外でも日米間の移籍に関するルールが整備されたり、「代理人」と呼ばれる人々の必要性に理解が深まったり、アメリカ野球の歴史的、文化的側面が日本国内でも広く知られるようになるなど、一言でいえば「野茂の渡米」がその後の球界のさまざまな価値観を一変させたといえる。野茂の存在は、それほど後世へ大きな影響を与えた。





天才打者、現る




 1994年。プロ3年目の鈴木一朗外野手(オリックス)が「イチロー」と改名してレギュラーを獲得すると、天才的なバットコントロールと驚異的なスピードで史上初めて200安打を突破し、シーズン210安打のプロ野球記録を樹立(当時)した。その後もイチローは日本球界のトッププレーヤーとして君臨し続け、01年にマリナーズ入りするとメジャーで10年連続200安打。04年にはメジャー記録のシーズン262安打を達成した。現在はヤンキース所属。

第1回WBC優勝




 2006年に初開催されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。王貞治監督(当時ソフトバンク監督を兼任)率いる日本代表は激戦を制し、見事第1回のチャンピオンに輝いた(写真)。2009年に開催された第2回大会も原辰徳監督(当時巨人監督を兼任)率いる日本代表が連覇。日本野球の結束の強さを全世界にアピールした。そして今年、山本浩二日本代表監督が大会3連覇の偉業に挑む。

パ・リーグの時代


この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング