週刊ベースボールONLINE

 


野村政権下で初の開幕連勝スタートを果たした2014年のカープ。CS初進出を果たした昨年同様、今季も強力な投手陣を前面に戦う。ここでは、エース・マエケンを中心とする先発スタッフ、新戦力の加入で厚みを増したブルペンスタッフを大解剖!ドラ1ルーキー・大瀬良とともに、注目投手を紹介していこう。

写真=BBM



 絶対的エース・前田健太の起用法について、指揮官はシーズン序盤から「中5日」での投入を示唆。この結果、マエケン、バリントンが中5日、野村祐輔と新人コンビ(大瀬良大地九里亜蓮)が中6日での起用と見られ、週に1度先発ローテの谷間を埋める投手が必要となる。

 山内投手コーチは「『6番目はコイツ』と固定せずに、調子を見極めながら起用していきたい」と話しており、4月上旬はサウスポー・篠田純平、またプロ4年目の福井優也が先発起用される可能性が高い。

 マエケンとともに3本柱を務める野村、バリントンはオープン戦ではやや不安を残した。バリントンは3月30日の中日戦(ナゴヤドーム)で“復肩”をアピールも、野村は3月25日のウエスタン・オリックス戦(由宇)に先発して6回を4失点。直球に本来のキレがなく、一軍初登板となった4月1日のヤクルト戦(マツダ広島)での結果次第では、二軍再調整を命じられる可能性も。「第6の先発候補」たち(左表)にとってはこれ以上ないチャンスとなるが、スタートダッシュをもくろむチームにとっては3本柱の誰が欠けても大きな誤算となる。

前田健太 #18

▲2013年成績:15勝7敗 防御率2.10



野村祐輔 #19

▲2013年成績:12勝6敗 防御率3.74



バリントン #42

▲2013年成績:11勝9敗 防御率3.23



大瀬良大地 #14


マウンドで現れる別人格

 普段の温厚な表情とは裏腹に、マウンドへ上がると…

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング