週刊ベースボールONLINE

 

海の向こう、メジャー・リーグで一時人気を博した変化球・スプリット。しかし、今ではこの球種を用いる投手は少なくなっているという。果たして魔球の効果は失われつつあるのか。スプリットの始まりから、現状までをたどる。
文=木村康之、写真=AP

“劣等生”右腕のブレークで知られるようになったSFF



 スプリット・フィンガード・ファストボール、いわゆるスプリッター(以下SFF)がメジャーの世界に出てきた最初は、1970年代のことだった。

 カージナルスにブルース・スーターという抑えがいた。もともとはカブスの有プロスペクト望株だったが、メジャーに上がらないうちに神経圧迫により手術を受け、球速が落ちてしまった。そこに、投手インストラクターのフレッド・マーティンが手を差し伸べ、このボールを伝授する。手の大きいスーターにピッタリのボールで、彼はその後、カブスとカージナルスで計5度、セーブ王となり、2006年には殿堂にも入っている。

 スーターがメジャーで台頭していくころ、まだそれは「SFF」とは呼ばれていなかった。“スーターのフォーク”である。そもそもフォーク自体は1920年代からあった。

ブレット(弾丸)」の異名を取ったジョー・ブッシュという投手が投げ始めて広まったものだ。とはいえ、スピードを失わないまま打者の手元で急激に落ちる“スーターのフォーク”は、ただのフォークではない、何か秘密がある、と睨にらんだ人物がいる。それが、SFFの始祖として知られるロジャー・クレイグだった。

「スピードを失わないフォーク」を投げたブルース・スーター。しかし、当時は一つの球種として確立されてはいなかった



 78年から2年間、パドレスで監督を務めていたクレイグは、カブスがサンディエゴに乗り込んできた際、スーターとマーティンを呼んでその魔球の秘密を根掘り葉掘り聞いたという。

「打撃練習のときだった。ロジャーは私たち2人をケージのそばに呼んで“その球種について知りたいのだ”と聞いてきた・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング