週刊ベースボールONLINE

2014広島カープ大特集 第2弾

広島・野村祐輔インタビュー「マエケンさんを追い抜く存在になる」

 



快進撃を続けるカープの生命線である先発投手陣。4月26日現在、チームトップの3勝を挙げている野村祐輔からは、プロ3年目の今季、確かな「変化」を感じることができる。新球・シュートを駆使した投球内容、マウンド上で感情をあらわにする振る舞い──。それらは右腕に投手陣の「柱」としての自覚が芽生えた証しだった。

取材・構成=新ヶ江周二郎 写真=前島 進(インタビュー)、BBM

「自信」が感情となってマウンド上で表に出る

――シーズン開幕から1カ月が経過し、4月26日現在、4試合に登板して3勝1敗、防御率4.50の成績を残しています。今季の野村投手を見ていると、非常に冷静だったこれまでの2年間より、マウンド上で感情をあらわにする場面が増えたような印象を受けます。

野村 そうですか? でも今年に関してはこれまで以上に1年間を通して良い状態をキープして、1試合1試合大事にしながらやっていきたいという気持ちがあります。新人の年(2012年)はシーズンの最後、昨年はシーズン序盤に結果を残すことができなかったので。

――オフ、キャンプと取り組んできたことが結果として表れていることが「感情」につながっている。

野村 1年目、2年目とはやってきたことが違いますから。そこに対しての充実感もあるので、試合の中でそういう思いが表に出てしまっているのかもしれません。ただ、この前の阪神戦(4月15日、マツダ広島)のような投球をしてしまったときは、そのぶん悔しさも大きいですよね…

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング