週刊ベースボールONLINE

 

第12位タイ(4票)

鈴木孝政[中日1973〜89年]


NPB通算成績 586試合124勝94敗96S 防御率3.49
最高球速 155km/h

伸びる速球の初代セーブ王

 最も速かったのは75、76年ごろのリリーフ時代。75年は新設された最多セーブを獲得し、球宴でも活躍した。76年に球速表示のない球場で、関係者がネット裏からスピードガンで計測すると、155キロが出たという。

投票者&選出理由コメント
和田 豊[阪神] スピードガン表示ならほかに速い投手はいたが、一番タイミングが合わなかった。回転がキレイで重く感じる球だった
高 信二[広島] ボールに伸びがあって、こちらがバットを出すコースのイメージを超えてきた
二宮 至[DeNA] ピューンと跳ねるような直球で全部ボールの下を空振りしてしまう。初対戦で三振したことを覚えている
田代富雄[楽天] スピードガンの数字ではもっと上がいるんだろうけど、球の質が違った。地を這うようにドンと来た

山口高志[阪急1975〜82年]


NPB通算成績 195試合50勝43敗44S 防御率3.18
最高球速 不明

速球一本で勝負!小さな剛腕

 170センチの体から全身を使ったダイナミックなフォームで豪速球を投げ込んだ。スピードガンのない時代のため実際のスピードは不明だが、160キロ近くは出ていたとの証言もある。試合の終盤でも球速が落ちなかった。

投票者&選出理由コメント
立花義家[ロッテ] マウンドが近く感じたね。直球がうなっていたように感じたし、腕がマシンのようにしなっていた
柏原純一[日本ハム] キレのある球で、スピンがよく効いていた。とても速かったね!
新井宏昌[広島] うなるような真っすぐで、球質も重かった。ケガがなければものすごい成績を残していたと思う
野村克也[元南海ほか]

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング