週刊ベースボールONLINE

2014 変化球特集

楽天のエース・則本昂大の横滑りスライダーに迫る

 

昨年はルーキーながら15勝をマークして新人王を獲得。今シーズンも2年連続で開幕投手を務め、新エースの階段を駆け上がっている。そんな則本昂大の生命線となっているボールが150キロを超えるストレートと、鋭く変化するこのスライダーだ。
取材・構成=松井進作 写真=高塩隆、BBM

曲げよう、曲げようと意識し過ぎないこと。ストレートと同じように腕をしっかり振ることで、相手バッターにとっては脅威のボールになる


 僕は3種類のスライダーを投げ分けているんですけど、今回は一番多く投げている「ヨコに滑るスライダー」の投げ方をご紹介します。握りは3種類とも同じで、手首の使い方が少し違うだけです。

 投げ始めたのは中学校のときですが、本格的にウイニングショットの1つとして使い始めたのは大学に行ってから。同級生に良いスライダーを投げていた選手がいて、「どうやって投げているの?」と聞いて。それからその握りを基本に、変化球関連の本も参考にして現在の握りにたどりつきました。

 自分にとってストレートと同じぐらい大きな武器になってくれています。このヨコの変化のほかにも、タテに落ちるもの、あとはカーブとスライダーの間ぐらいのスラーブがあるんですが、ピッチングの組み立てにはなくてはならないボールです。

 投げ方ですが、握りはいたってシンプル。中指と人さし指の第1関節でボールを持ち、握るときは親指はロックします。あとはとにかくストレートと同じように腕を振ることです。リリースの際の一番のポイントはボールを切るのではなく、滑らせながら2本の指で最後は押し込むように投げてください。ボールを切るように投げてしまうとカットボールのような変化になってしまうので。手首をひねりながら内旋させながら爛疋▲離岫瓩鬚泙錣好ぅ瓠璽犬任后

理想的な軌道は角度ある直線でベース手前で急激に変化する。究極は伊藤智仁さん(元ヤクルト)のようなスライダーですよね。キレと曲がりの大きさもとんでもなかったですけど、スピードもストレートと同じぐらい速かった。伊藤さんが100点満点だとすれば、僕のスライダーの完成度は30点ぐらいですね……。どこまで追いつけるか分からないですけど、もっと精度を高めていきたいです。

 ちなみに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング