週刊ベースボールONLINE

勝利のカギ握る最強リリーフ伝説

高津臣吾が語る「リリーバーの条件」

 

現在は古巣ヤクルトの一軍投手コーチとして投手陣の育成に力を注いでいる


高津臣吾が持つ286セーブという数字は、岩瀬仁紀(中日)に次ぐ歴代2位の記録だ。プロ3年目でリリーフ投手となり、1993年、ヤクルトの日本一の際には胴上げ投手にもなった。最優秀救援投手を4度獲得し、メジャー・リーグの舞台でもクローザーを務めるなど数多くの舞台で経験を積んできた高津が語るリリーフ投手とは。

楽なことなんて何一つない


1991年にドラフト3位でヤクルトに入団し、何とかこの世界で生き抜こうと、ただがむしゃらに努力を重ねたどり着いたのがクローザーというポジション。振り返れば苦しいことばかりだった。

 僕が一番感じていることは、プロに入って野村(克也)監督と出会い、捕手に古田(敦也)さんがいた、この縁がすごく大きいということ。もちろん、野球人生すべてにおいて人との出会いには感謝しています。その中でも抑えで、リリーフの1人としてそれなりの数字が残せたというのは、リリーフに適していると見抜いてくれた監督であり、リードしてくれた古田さんの存在があってこそですので、忘れてはいけない方だと思っています。

プロ入団3年目、野村監督によってリリーフに配置転換となった高津は、その後球界を代表するリリーバーヘと成長していく



 リリーフとして投げるようになったのが、3年目の開幕して1カ月経ったくらいのときですね。そのあたりからリリーフのポジションがだんだん下がり、一番後ろになりました。

 先発への未練はまったくなかったですね。僕はプロの世界に入ったときに「どうやってこの世界で生きていこう」と。やっぱり先発の5、6人に入るのはすごく大変なことですから、頭にあったのは12、3人いる、この一軍のベンチにどうやって入ろうかということばかり。そのためには先発だろうが、リリーフだろうが何でもいいからそのメンバーに入りたいと、それしか考えていませんでした。

 まあでも、こうやって振り返ると、楽なことなんて一つもなかった。もちろん野球選手はみんなそうかもしれませんが、特にリリーフピッチャーというのはしんどいことばかり。それは、プレッシャーによる精神的な部分と、毎日投げなきゃいけないという肉体的なつらさと、すべてが入り混じっていて、それらを特に強く感じるポジションですからね。

 僕は切り替えがうまい方ではなかったんです。次の試合、そのまた次の試合まで引きずってしまうタイプ。うまくシーズンが流れていってても、一度パッと切れてしまうと、そこから失敗が続いてしまうこともありました。それは明らかに精神的なもの。投げる球自体はそんなに変わっていなくても、気持ちの部分で負けてしまっていたことは何度かありましたね。意外に思われるかもしれませんが、抑えの人はみんなそうなんですよ。以前、佐々木(主浩)さんや岩瀬(仁紀)と話をする機会がありましたが、2人とも簡単なポジションではないという話をしていました。佐々木さんでも切り替えるのはすごく難しかったと。それを聞いてあらためて、そういうポジションなんだなと感じましたね。

 とにかく9回は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング