週刊ベースボールONLINE


 



文=岡本朋祐 写真=田中慎一郎

聖地で躍動した全身バネのスピードキング”


 全身がバネのような躍動感がある。甲子園での4試合に脇本直人の良さが、すべて詰まっていた。初戦の第1打席、右前へポトリと落ちた打球で、迷わず二塁を狙った。

 次打者へのボールで捕手がわずかにファンブルした間に、すかさず三進。並の走者ならば自重する場面だったが、ボールに集中している脇本は、少しのスキも見逃さないのだ。打撃面も高校生離れした鋭いスイング。4試合で打率.500(16打数8安打)。

 特筆すべきは4試合で1本ずつの二塁打。高校通算57本塁打という実績から、期待されたサク越えは見られなかったが、ロッテ松本尚樹編成統括は絶賛した。

「ウチの角中タイプ。あのパワーは相当です。ノーステップ打法は力がないと無理。ポイントが近くで振れる。守備面を不安視する声もありますが、それは指名されるまでの話。入ってしまえば、選択肢はあるはず」

 もう一つの魅力は50メートル6.1秒の脚力。利府との2回戦では4盗塁。計6盗塁と、ダイヤモンドを疾走した。好きな野球選手はオリックス糸井嘉男。「打って走れるメジャー級の選手になる」。家庭の事情で幼少時から祖父母に育てられただけにプロ入りので「恩返ししたい」気持は強い。

■14年夏の甲子園成績
1回戦○ 5−3岩国
打数4 安打2 二塁打1 三塁打0 本塁打0 打点1 盗塁1 四死球0 打率.500
2回戦○ 10−0利府
打数4 安打3 二塁打1 三塁打0 本塁打0 打点0 盗塁4 四死球1 打率.625
3回戦○ 8−3山形中央
打数5 安打2 二塁打1 三塁打0 本塁打0 打点5 盗塁1 四死球0 打率.538
準々決勝○ 2−5大阪桐蔭
打数3 安打1 二塁打1 三塁打0 本塁打0 打点1 盗塁0 四死球0 打率.500

打数16 安打8 二塁打4 三塁打0 本塁打0 打点7 盗塁6 四死球1 打率.500
PROFILE
わきもと・なおと●1996年5月13日生まれ。群馬県出身。18080圈1ε蟶限如小学3年時に沼田北リトルで野球を始める。投手として沼田中で県8強、Kボール野球で沼田市選抜に入り、関東大会優勝。健大高崎では今夏初めて甲子園に出場。準々決勝で敗退(対大阪桐蔭)。
特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング