週刊ベースボールONLINE


 

4年間、苦楽をともにしてきた明大のチームメートと歓喜の胴上げ



文=三橋祐子 写真=高塩隆

「病気で苦しんでいる人のためにも頑張りたい。いつもそう思っています」


 明大野球部合宿所「島岡寮」の食堂内の大型テレビ前にイスを並べ、緊張の面持ちで善波達也監督、チームメートとともに発表を見守る。マウンド上では闘争心の塊となる山崎福也もこの日ばかりは表情が硬かった。「試合より緊張しているんじゃないですか。こんな山崎はめったに見られません」と、その場にいたチームメートも冗談めかして笑うほどだった。

 全員が固唾をのんで見守る中、「オリックス 山崎福也 22歳 投手 明治大学」とコールされると、歓声とともに拍手が沸き起こった。隣に座る善波監督、井上崇通部長と握手を交わし、ようやくホッとした表情を見せた。

 巨人日本ハムの捕手として計12年プレーした章也さんを父に持ち、社会人のセガサミーで投手を務める福之さんは2歳違いの兄。小学2年のときに野球を始めたが、父親に指導を受けたことは過去に一度もないという。

 中学では所沢中央シニアの四番・投手兼一塁手で活躍。しかし、名門・日大三高への進学を控えた中学3年の11月に脳腫瘍が見つかった。生存率10%の難病に侵され、「何で自分が」と絶望するほかなかった。

 しかし、日大三高の小倉全由監督をはじめ、周りの人からの励ましの声で徐々に気力を持ち直していった。そして、また野球がやりたいという強い思いが奇跡を起こす・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング