週刊ベースボールONLINE


 

野村謙二郎前監督時代から歩んできた「投手力を前面に1点を守る野球」の路線を「継続」すると語る一方で、より「機動力」を前面に出した戦いを標榜する緒方孝市新監督。11月1日から始まった秋季キャンプではさまざまな方法でチームに新たな刺激を与えている。その取り組みから来季の戦い方の大枠を読み取る。

選手の動きに目を光らせる緒方新監督。厳しさを前面に出した秋季キャンプを送る



見る姿勢による戦力の把握


 広島の秋季キャンプが11月1日、宮崎県日南市でスタートし、緒方孝市新監督が率いる新体制が本格始動した。変わりやすかった天気のように、新指揮官もさまざまな表情を見せた。24年ぶりのリーグ優勝を目指す来季へ、目指す野球は明確になった。

 緒方監督は10月31日の宮崎入り後、宿舎での全体ミーティングで「選手個々がレベルアップすることでチーム力が増す」と呼びかけた。一方で「故障した選手、一軍の力がないと判断した選手は広島に帰ってもらう」と“サバイバル”を予告。前田健太菊池涼介丸佳浩の日米野球を控える侍ジャパン組。大瀬良大地野村祐輔ロサリオら若手中心の一軍主力組。中東直己赤松真人天谷宗一郎のベテラン組が加わり、一軍未経験選手や育成選手など42選手が参加した。

 守備、走塁の練習メニューが増えたのが第一の特徴。打撃の練習量は変わらなかったが、全体練習は例年より1時間以上伸び、日没近くまで汗を流す選手たちの姿が連日見られた。また、若手選手には夕食後の夜間練習が課せられた。

 16年連続Bクラスが続いたカープを、昨年から2年連続3位に導いた野村謙二郎前監督からバトンを受けた緒方新監督。就任会見ではリーグ優勝と日本一を目標に「自分の目指す野球は、ここ数年やってきたことを継続することが基本線。その中でもう一度、投手力を含めた守りの野球を徹底的に行い、攻撃面ではもっと使えるはずの機動力を前面に出していく」と掲げていた・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング