週刊ベースボールONLINE

2014ドラフト1位インタビュー

【2014ドラフト】広島1位・野間峻祥インタビュー 「1年目からレギュラー争いに」

 

緒方孝市新監督の手腕が早々に発揮された。10月23日のドラフト会議で、広島は中央球界では無名だった外野手を1位指名。驚きの戦略で野球ファンをあっと驚かせた。緒方監督に「一目ぼれした」と言わしめた期待のゴールデンルーキーに迫る。



チャンスで燃えるタイプ


――広島からのドラフト1位指名おめでとうございます。プロ野球選手になるんだという実感はありますか。

野間 多少はありますが、まだ神宮大会が終わったばかりですし、これから徐々に感じていくと思います。

――神宮大会出場を決めた東海・北陸・愛知三連盟王座決定戦ではメディアの注目が高い中、大活躍でMVPとなりました。

野間 プレッシャーは特になかったですね。どちらかというと大舞台の方が燃えるタイプで、王座決定戦や神宮大会の方が、普段のリーグ戦よりも打率は高いと思いますね。大舞台の方が集中できるんです。

――原克隆監督も「ピンチをチャンスに変えられるタイプ」と話していました。

野間 自分でもそういうタイプだと思っています。普段も集中はしていますけど、チャンスのときの方がより集中力が増しますね。

――神宮大会でも2試合で8打数4安打。上り調子でプロに行けるのは大きいのでは。

野間 大会が終わって期間も空きますし、レベルもまた上がると思うので、しっかり練習を続けて準備はしています。1月の新人合同自主トレが始まったら必死にやるだけだと思うので、それまで体づくりを一からやって、2月からはがむしゃらにプレーできるようにしたいですね。

――1日中野球に打ち込める環境となりますが。

野間 しんどいとは思いますけど・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング