週刊ベースボールONLINE

 

間違いなく次代のプロ野球界を担うであろう、多くの可能性を秘めた黄金新人たち。そんな“金の卵”を各球団はどんな育成法で育てていくのか。1年目のプランニング、注目のデビュー時期などを現時点での課題とともに、黄金新人たちの育成メソッドの全貌を探ってみたい。

田中英祐[千葉ロッテ]京大卒第1号選手が踏み出したプロとしての第1歩は、 こちらから!



安楽智大楽天]1年目は体作りが最重要課題。3年後の先発ローテ入りを目指すは、 こちらから!



高橋光成西武]甲子園優勝投手がじっくり歩むエースへの道は、 こちらから!



岡本和真巨人]早急なデビューはNO。2020年の四番へ育成は、 こちらから!



有原航平日本ハム]ヒジの回復状況を慎重に確認しながら推し進めていくエース育成プランは、 こちらから!



山崎福也オリックス]春季キャンプで結果残し先発ローテ入りを狙うは、 こちらから!



野間峻祥広島]春の足音とともに高まる調整ペースと期待感は、 こちらから!

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング