週刊ベースボールONLINE

プロ野球新時代のリーダー学

チームに欠かせない“肩書きなきリーダー”たち

 

たとえ要職に就いてはいなくとも、その存在感で仲間を支える男たちがいる。年を重ね、自然とチームのことを考えるようになっていった。時に優しく、時に厳しく後輩たちにエールを送る人の“リーダー”をここで紹介する。
写真=BBM

ロッテ・井口資仁
自らの“役割”を全うするベテラン


今年で41歳となるベテラン・井口[右]は試合中だけではなく、練習中にも後輩たちに声をかける



 2009年にメジャーから復帰しロッテに入団した。実はチーム加入から常に意識して続けていることがある。それは試合中にベンチの中央に座ること。自ら若手選手をそばに呼び寄せてチーム一丸の雰囲気を作り出し、また若手がふと思いついた質問にも積極的に答える。隣に座ることの多い鈴木や伊志嶺らは伊東監督から「大人しい選手が多いが、よく声を出してくれる」と評価されるほどの存在に育っている。プレーだけではなく、次代のリーダー育成もベテランの仕事だと意識しているのだ。

DeNA・多村仁志
帰ってきた横浜のアニキ


横浜の黄金期を知る多村[右]は、もう一度このチームで優勝を味わうため、後輩たちに惜しみなく経験を伝えていく



 ソフトバンクでの日本一や06年のWBC世界一など、栄光の味を知る数少ない一人。地元・横浜高から95年に横浜入団、06年オフにトレードでソフトバンクへ移籍するも、12年オフにトレードで古巣に復帰を果たした。昨季オフ、金城龍彦がFAで巨人へ去り、野手最年長となった。「野手の意見をまとめて、自分の経験も踏まえて話した」と契約更改の場でリーダーシップを発揮。年始にも「チームがよくなるために気づいたことは言う」と誓っている。今年で38歳。春季キャンプは二軍で調整を続ける頼れるアニキが、17年ぶりの歓喜に導く。

楽天・小山伸一郎
献身的にチームを支えるベテラン


後輩たちから慕われている小山[左から3番目]は、そのリーダーシップで今年も投手陣をまとめる



 キャンプイン前日の全体ミーティングで副キャプテン就任を知らされた。少し照れながらも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング