週刊ベースボールONLINE


12球団新人チェック2015

 

ここでは特に1年目から頭角を現しそうな有望即戦力新人を紹介する。それぞれの武器を生かして2015年シーズンを盛り上げてくれそうだ。

オリックス・西野真弘内野手


東海大浦安高→国際武道大→JR東日本→ドラフト7位、167cm68kg/右投左打

ここに注目!→広角に打ち分ける打撃



身長167センチと野球選手としては小柄だが、天性の打撃センスが最大の売り。一軍キャンプのフリー打撃では広角に打ち分けるバッティングが森脇監督の目に留まり、高い評価を得た。一塁を3秒90で駆け抜ける足も大きな武器だ。

オリックス・小田裕也外野手


九州学院高→東洋大→日本生命→ドラフト8位、172cm75kg/右投左打

ここに注目!→デビュー戦で2盗塁の足攻



走力、肩、守備力が持ち味の期待の即戦力外野手。2月11日に行われた韓国・KTとの練習試合では「九番・左翼」で先発出場を果たし、3安打2得点2盗塁をマーク。21日のソフトバンク戦でも1安打を放つなど猛アピール中だ。

オリックス・高木伴投手


市川口高→東農大→NTT東日本→ドラフト4位、180cm80kg/右投右打

ここに注目!→直球とフォークのコンビネーション



一軍キャンプ入りを果たした、社会人出身の即戦力右腕。セールスポイントは140キロ台後半の力強いストレートとフォークのコンビネーションで、中継ぎとして期待が懸かる。オリックス中日で21年間プレーした平井コーチが着けた背番号36を引き継ぐ。

日本ハム・有原航平投手


広陵高→早大→ドラフト1位、189cm96kg/右投右打

ここに注目!→制球力と多彩な投球術



昨夏に痛めた右ヒジの状態を考慮してキャンプは二軍スタート。数度のブルペンを経て・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング