週刊ベースボールONLINE


中垣征一郎トレーニングコーチが見た大谷翔平の進歩

 

綿密なプランのもとで、その能力を最大限に発揮するため、日々のトレーニングを進めてきた。3年目に突入した今季、その肉体はどこまで進歩しているのか。大谷の日本ハム入団時から携わってきた、中垣征一郎トレーニングコーチ。今季、好スタートを切ったチームを陰で支える同コーチに話を聞いた。
取材・文=高橋和詩(スポーツライター) 写真=早浪章弘



恵まれた肉体を使いこなす能力の高さ


 覚醒の兆しを見せる3年目。大谷翔平に、プロ入りから伴走してきた1人のキーパーソンがいる。

 トレーニングコーチの中垣征一郎。札幌ドームへ本拠地を移転した2004年から10年までチーフトレーナーとして在籍し、球団強化の根幹を担ってきた。大谷と同じ高卒新人だったダルビッシュ有とも1年目から寄り添い、メジャーへ挑戦した1年目の12年はレンジャーズに所属。大谷が入団した13年に現職で復帰した。球界内外から、成功が困難とされる声が多数を占めた「二刀流」を指南してきた一人でもある。道筋をつけるために絶対不可欠な基礎、基盤がフィジカルとコンディショニングの両面。未知なる挑戦に確かな光が見えた現在を、こう明かす。

「体力的には2年を経て今季で3年目に入って、各要素が順調に伸び続け、進歩し続けていると思います。それはトレーニングを通じて、本人が取り組んでいるからこその進歩です。そのほかにも体重がプロへ入ったときよりも少し増えています。ただ、そのために走ることができる量が落ちたなどということではない。全体的に伸ばすべきところは伸ばし、維持すべきところは維持するという部分が、今年に入って安定したと言えます。調子が悪いなりに、試合の中で何とかするという今季の裏付けの1つに、なっているのかなと思います」

 公称は体重90キロだが、実際は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング