週刊ベースボールONLINE


「投球術」最強投手ランキングOB部門2位 星野伸之

 




緩急自在の頭脳派サウスポー


 ストレートの球速は130キロ前後しかない。それでも通算176勝をマークできた要因はいったいどこにあったのか。14票のコメントの中にも数多く出てくるが、そのピッチングを支えていたのが代名詞にもなった90キロ台の落差の大きいスローカーブだ。このボールで巧みに緩急をつけ、相手バッターを封じていった。

 また、星野伸之という投手のすごさは類まれな「観察力」にもある。1球投げるごとにバッターの細かな反応を敏感に感じ取り、次に投げる球種、球速、コース……などを決めていく。常に対戦するバッターの“裏”をかくボールやコースを投げることに心血を注ぎ、勝利を一つひとつ手繰り寄せてきた。

 まさに「柔よく剛を制す」という言葉が当てはまる星野の頭脳的なピッチング。派手さこそないが、その緻密で洗練された投球術で球史にその名を刻んだ。

【主な獲得タイトル】
最高勝率2回(89、96年)

【投票者&選出理由コメント】
中田賢一[ソフトバンク] 直球の球速がそこまでなくても変化球、特にカーブの使い方で抑えていた。テレビゲームでは僕のチームの「柱」です
藤井康雄[ソフトバンク] 90キロ台のスローカーブを巧みに使って、130キロ前後の直球を打者にとって150キロくらいに見せていた。まさに投球術
駿太[オリックス] 驚くような球速がなくても変化球とのコンビネーションで打者を打ち取る。長く現役をやっているのがすべて
塚原頌平 スピードがないけど・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング