週刊ベースボールONLINE

2015変化球特集

メッセンジャー(阪神)直伝!魔球「ドロップカーブ」の投げ方・握り方

 


来日6年目で阪神のエース。昨年は奪三振王と最多勝を獲得したメッセンジャー。最大の武器は大きく曲がり落ちるドロップカーブ。好調の投球を支える、鋭く曲り落ちるカーブを伝授してもらった
通訳=粟山正貴、取材・構成=椎屋博幸、写真=佐藤真一

(前)中指と親指のひらにしっかりとシームを乗せて、ボールをギュッと握る感覚で持つ


(右)とにかく手首を固定したいため、中指はほとんどがシームかかるようなイメージで握る


自分の腕を「ハンマー」にして振り下ろせ!


 最初に覚えた変化球はチェンジアップ。父親がひねったりする変化球を投げさせたがらなくてね。その次が12歳ごろから投げ始めた今のドロップ系のカーブ。この球種は、真っすぐやフォークを投げながら、打者の目線を変えることができる変化球だよね。

 一番の目的は、ドロップ系の変化球だから、投げた瞬間に一度浮き上がるようになる。だから、打者の目線を上げさせるんだ。イメージ的には高低差の幅を使って投げる感覚を持っているよ。


 実は状況に合わせて2種類の投げ方をしているんだ。鋭く曲げるカーブと、イメージ的にゆる〜く曲がるカーブ。ボールの握りは変わらない中で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング