週刊ベースボールONLINE

DeNA・山崎康晃 新人最多セーブ記録への挑戦

DeNA・山崎康晃 新人最多セーブ記録への挑戦

 

今季は7月22日試合終了時点で38試合2勝2敗23S8H投球回36 2/3防御率1.72


前半戦を首位で折り返したDeNAの守護神が、90年に中日与田剛がマークした新人セーブ記録に挑んでいる。25年ぶりの記録更新の可能性を、両者の投球データから検証する。
写真=BBM

追い込んだら勝負あり!空振り奪三振率の高さが強み


 前半戦の締めくくりにふさわしかった。7月15日の巨人戦(横浜)の9回、山崎康晃は強力打線を3人で片付けた。同点で登板、セーブがつかなくても関係ない。いつものように抑え、味方のサヨナラ勝ちを呼んだ。「うれしい。最高です。必ず逆転してくれると信じていました。たくさん苦労したけど、休み明けもしっかり頑張ります」。チームは日本一に輝いた1998年以来の首位ターン。お立ち台では力強くファンに約束した。

 開幕からフル回転し、不動の守護神として地位を確立した。5月8日の巨人戦(横浜)で9試合連続セーブ、27日のオリックス戦(横浜)では月間10セーブに乗せた。いずれもプロ野球新人記録。ここまで呉昇桓(阪神)に次ぐ、セ・リーグ2位の23セーブを挙げている。

 ルーキーのストッパーとして思い浮かぶのが与田剛(中日)。90年に50試合に登板し、新人で史上最多となる31セーブをマークした右腕だ。同じ亜細亜大OBという共通点のある2人。25年ぶりの記録更新は、視界にとらえたと言っていいはずだ。

■新人セーブ数上位
1990年 与田剛(中)31
2004年 三瀬幸司(ダ)28
2003年 永川勝浩(広)25
2015年 山崎康晃(De) 23
2011年 牧田和久(西)22
2014年 三上朋也(De)21

 山崎康の大きな武器はツーシームだ。フォークのように鋭く落ち、バットに当てさせない決め球。36回2/3で49奪三振と驚異的な奪三振率はもちろん、注目すべきは2ストライク後の被打率だろう。被本塁打はもちろんゼロで、長打も二塁打が2本だけ。81打数7安打。1割も打たれていないことが安定感を物語っている。

「ツーシームは自分の中で一番、頼りになる球種だと思う。初めはバットの芯を外すことが狙いでしたけど……」。右打者のヒザ元へ食い込み、左打者はシンカー気味に鋭く沈む軌道。今なお進化を続けており、大崩れすることは考えにくい。

 月別成績に目を移せば、最も悪かったのが4月。計11回1/3で防御率3.97だった。これも4月1日の広島戦(横浜)と21日の阪神戦(横浜)でそれぞれ3失点、2失点と打ち込まれただけで、不調が長引いたものではない。事実、5月以降は23試合で2失点しかしておらず、本人も「抑えることもあれば打たれることもある。その試合で何をどう学んで、これからの自分の力に変えていくかが大事ですから」と強調している・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング