週刊ベースボールONLINE

ブレークを果たした男たち

川端慎吾×山田哲人 対談 芽生え始めた自覚と責任

 

セ・リーグの打率上位を見るとフレッシュな選手が目立つ。中でも特に輝きを放っているのがヤクルトの2人だろう。4月2日以降3割を一度も切っておらず、常に上位を維持している川端慎吾と、打率、本塁打、打点、盗塁で上位につける山田哲人だ。昨季キャリアハイの成績を残した2人は今季、さらなる成長を続け、リーグを代表する打者へと進化を遂げた。今やもうチームには欠かせない存在となった2人が語り合う現在地――。
取材・構成=阿部ちはる 写真=荒川ユウジ(インタビュー)、BBM

成長を続けるヒットメーカー


 プロ10年目の川端慎吾と5年目の山田哲人が、首位争いを繰り広げるヤクルトをけん引している。優しいお兄さんのような川端と、憎めない弟分の山田は、公私ともに仲が良く、刺激し合える存在だ。そんな2人が今季ブレークを感じる選手とは。

セ・リーグ代表する打者となった2人の対談が実現。公私とも仲が良いだけあってトークの息もぴったり



川端 今季ブレークした、と聞いて思い浮かぶのは秋山(翔吾、西武)かな。柳田(悠岐、ソフトバンク)、山田とかは昨年から活躍しているし。

山田 僕も秋山さんしか思いつかないです。

川端 セ・リーグだったら筒香(嘉智、DeNA)かな。昨年よりもさらに良くなっていると言うか、見ていてすごく良い打ち方をしているなあ、と感じる。

山田 僕は嫌いですね。いや、イヤなバッターっていうことですよ(笑)。守ってて打ちそうやなって思いますし、怖いなって感じるので。慎吾さんは対戦していてイヤだなと感じるピッチャーはいますか?

川端 ジョンソン(広島)とポレダ(巨人)しか頭に浮かばないけど……。あとは藤浪(晋太郎、阪神)?

山田 藤浪は一番イヤですね。

川端 真っすぐが速い。

山田 速いし、怖いし。

川端 特に右バッターは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング