週刊ベースボールONLINE

特集・徹底追跡!あの男たちの最新動向

選手人生の岐路に立つベテランたち

 

プロ野球とは盛者必衰の世界である。過去にどんなに成績を残した選手でも、力が衰えればユニフォームを脱がなければいけないのは仕方のないことだ。しかし、周囲のそういった視線にまた、抗うのもプロ野球選手である。「まだ、できる」。強烈な矜持があったからこそ、第一線で活躍できたのは確かだ。プロ野球人生の岐路に立つベテラン。彼らはいま、何を思う――。

再び一軍で雄姿が見られるか、戦い続ける4人の投手


「ここ2、3年で一番」と二軍首脳陣が口をそろえるほど、今季の西口文也(西武)は状態が良い。それも、一過性のものではない。シーズン通して調子に大きな波がなく、常にゲームを作り続けている。清川栄治二軍投手コーチは「さすがベテラン」と42歳現役右腕の安定感を絶賛する。

「何よりも四球が少ない。そしてストライク先行、イニングの先頭打者を抑える、低めに投げるという、“勝つ先発投手”の3つの要素がしっかりと身についている」

 5月28日の巨人戦(東京ドーム)で、2年ぶりに一軍の先発マウンドに立った。4回4失点で敗戦投手となったが、指名打者制の試合であれば続投もあり得た内容だった。そして今現在、状態はあのとき以上と言っても過言ではない。「一軍で勝てる確率は十分あるね」と潮崎哲也二軍監督も、「運があれば」と条件をつけつつも、12年以来の勝ち星の可能性を保証する。



 いまだ変わらぬ体形、夏場でも先発ローテを外れず投げ続けた衰えぬ体力、謙虚な人間性を見れば、「まだまだ戦力になる(清川コーチ)」。恐らく、本人も同じ思いだからこそ、二軍戦でも投げ続けているに違いない。200勝達成まであと18勝。もう一度、一軍マウンドで躍動する背番号13が見たい。

 完全復活を期するのは井川慶(オリックス)も同様だ。昨年5月14日の楽天戦(コボスタ宮城)以降、一軍登板のないベテラン左腕を球団が後押ししている。阪神に在籍時の2003年には、防御率2.80で20勝(5敗)を挙げ、リーグ優勝に貢献、沢村賞を受賞した。日本球界No.1左腕の実績を引っさげ、07年からメジャーに挑戦したが、渡米5年間でわずか2勝。10年からの3年間はマイナーでくすぶっていた。

 12年にオリックスで日本球界に復帰も、目立った活躍はない。今季は開幕を二軍で迎え、9月13日時点でファーム12試合に登板し、0勝4敗、防御率15.16と全盛期とはほど遠い。だが、本人は復活に意欲的。8月に入り大規模な肉体改造に着手、体重を100キロ台から80キロ台後半まで絞り込んだ。減量に伴い、ボールのキレと威力が落ちたが、シート打撃に登板するなど「もう一度、一軍で投げる」と復活を目指している。



 そんな左腕を球団がサポート。球団関係者は「何かを変えようという思いがあったのだろう」と井川の姿勢を評価し、来季も契約を結ぶ方針を固めている。来年37歳を迎える左腕。日米通算95勝のベテランは、かつての輝きを取り戻せるか。

 マウンドに戻る夢がなかなか叶わないのは、中日の左右のベテランだ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング