週刊ベースボールONLINE


ヤクルト・川端慎吾 進化の理由に迫る

 

開幕から安打を量産し続けているヤクルト川端慎吾。昨季も規定打席に到達し、3割をマークしたが、今季はその成績を上回る勢いで安打を量産中だ。200安打も視野に入れるほどの成績を残せているその理由に迫る。
文=菊田康彦、写真=BBM



練習量と体のメンテナンス


 まさに“安打製造機”だ。10月2日現在、打率.338でセ・リーグのトップを行く東京ヤクルト・川端慎吾は今シーズン、驚くほどコンスタントにヒットの数を積み上げている。

 なにしろ今季は月間打率が3割を切った月は皆無。月別の安打数を見ても3、4月=38、5月=31、6月=28、7月=31、8月=38、9月=26、と6、9月を除いて毎月30本以上の安打を記録している。7月8日以降は打率が3割2分を切ったことはなく、後半戦に入ってからはほぼ3割3分以上のアベレージをキープ。したがって、三冠王の可能性もあるチームメートの山田哲人がいくら打っても、打率では一向に追いつく気配がない。



 昨年は規定打席に到達して初の打率3割をマークするなど、バッティングの技術には定評のある川端だが、今シーズンはなぜここまで安定してヒットを量産できるのか?

「ひとつは練習量。彼は野球人生の中でも、今年が一番(練習で)打ったんじゃないかな。キャンプからシーズンも含めてね」

 そう分析するのは“師匠”の杉村繁チーフ打撃コーチ。川端本人もそれを認めるが、何も昨年まで怠けていたということではない。

「今までで一番バットを振っているのは確かですね。体のコンディションがいいから、それができるんですけどね。去年までは痛いトコだらけで、やりたくてもできなかったですから……」

 かつては常に故障と隣り合わせで「ガラスのプリンス」と揶揄されることもあった。宮本慎也の引退で開幕から正三塁手の座が約束され、全試合出場を誓って臨んだ昨シーズンも、4月下旬に腰痛で試合を欠場するなど、目標は達成できなかった。

「今年は今までと比べてしっかりとコンディションを整えていますし、それが良かったと思います。治療院には定期的に通っていますし、自分で『ちょっとヤバいな』と思ったとき・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング