週刊ベースボールONLINE

特集・2015ドラフト大展望

 

8強に進出したセンバツに続く甲子園出場を目指した今夏は、岐阜大会準決勝で敗退した。開幕直前に起こした故障により1試合の救援登板、わずか1回2/3で最後の夏を終えている。その後、最速152キロを誇るドラフトの主役の動向に注目が集まっていたが、侍ジャパンに選出されたU-18ワールドカップで復調ぶりをアピールし、周囲の心配を一掃した。“運命の日”を前にした心境を、荒木大輔氏が本音を引き出した。
取材・構成=岡本朋祐、写真=桜井ひとし

1位へのこだわりより最高峰の世界に入ること


 昨年11月に完成した室内練習場は約800平方メートルでブルペンも併設され、公立校としては恵まれた環境にある。昨年7月末から母校を率いる県岐阜商・小川信和監督は「純平の城みたいなものですよ」と冗談交じりに言うが、冬場はここを有効活用。センバツ8強進出はその成果にほかならない。取材日はあいにくの雨。ユニフォームに着替えた高橋純平は1、2年生の新チーム本隊とは離れて入念なウォーミングアップ。夏の県大会直開幕前に故障した左太もも痛の影響により、甲子園春夏連続出場を逃した。ケガの代償はあまりに大きかったが、今後の長い野球人生を見据えれば、体と向き合う貴重な時間となった。高橋には一流選手の条件の一つである「考える力」があるのだ。

日本で開催されたU-18ワールドカップ(銀メダル)では救援を任され復調をアピールし、ネット裏で視察したスカウト陣を安心させた[写真=毛受亮介]



荒木 U-18ワールドカップ以降、練習はどんなペースでやっている?

高橋 ボールを使ったメニューは週1回で、あとはスポーツジムに通ってウエート・トレーニングを3回、残り2日間は水泳をしています。

荒木 自分もプロ入りしてから経験したけど、下半身の故障が肩ヒジに派生することがよくある。結局はフォームのバランスが悪くなるから。そのあたりを意識しているのかな?

高橋 はい。だから、あまり投げていないです。

荒木 自分らが高校生のころは夏が終わると、しばらく野球から離れたくなったけど、どうなのかな?

高橋 そういうのはないです。ドラフトに向けて体力も落としたくないですし、維持向上している感じです。

荒木 U-18ワールドカップの大会直後(9月8日)にプロ志望届を提出。大学、社会人も選択肢にあったそうだけど、最終的な決め手は?

高橋 一番、レベルの高い場所に飛び込んでみたいと思いました。高いレベルの選手と接した高校日本代表を通じ、周りから刺激も受けました。

荒木 周囲から「ドラフト1位候補」と言われ、どう受け止めている?

高橋 センバツ前から取材が一気に増えたんですが、今も実感がないのが正直なところです。

荒木 1位へのこだわりは?

高橋 1位ならいいな、というのはありますが、一番の目標はプロの世界に入りたい。何位でも大丈夫です。

荒木 複数のNPBスカウトから高橋君の話を聞いても「高校生No.1右腕」の評価ですが……。

高橋 うれしいですが、まったくそうは思わないです。高校日本代表で好投手をたくさん見てきましたので。

荒木 すごいと思った投手は?

高橋 上野(翔太郎、中京大中京、大学進学)の真っすぐですかね。自分とは球質が違い、球速表示以上のキレがある。体の使い方がうまいと思います。左では小笠原(慎之介)はやはり、インパクトがありました。

荒木 野手で印象に残ったのは?

高橋 木製バットで本塁打も打った勝俣(翔貴、東海大菅生)の打撃は安定していましたね。あとはオコエ(瑠偉、関東一)の足。岐阜にはいない。あれはビックリしました。

荒木 好きな投手はいるのかな?

高橋 阪神の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング