週刊ベースボールONLINE

特集・2015ドラフト総決算
広島1位・岡田明丈「160キロを投げたい」

 

文=谷上史朗、写真=前島進

会見から“らしさ”発揮


 ドラフト当日の関西スポーツ新聞各紙では指名濃厚と見られていた広島以外に巨人阪神も1位指名の可能性を残していると報じていた。そんなことを思い出しながら指名後の会見を眺めていると、注目度がケタ違いの巨人、阪神でなかったことに、少しホッとした気分になった。現役野球部員と「ドラフト会議2015を見守る会」と銘打った“イベント”に参加の一般学生が集まった会見場(大阪商業大学5号館1F「RAVIC HALL」)は指名が決まると、一気に華やかな空気に包まれた。

指名後には広島、緒方監督のパネルを片手に記念撮影に応じた



 ところが間もなくして始まった会見では岡田が“らしさ”を発揮。報道陣が大いに苦戦する展開となったのだ。例えば、広島の印象を尋ねられた岡田はしばし沈黙のあと「プロ野球にあまり詳しくないので……」。好きな投手を尋ねられても十二分な間を置いたあと「特には。目標にされる選手になりたいので……」。全体に言葉数が少なく、小声。さらに音響の状況も十分でないとあり、報道関係者はまさに岡田の一言一句に耳を傾けながら、ある種の緊迫感の中で会見は進んだのだ。

 ただ、当の本人からさほど焦りのようなものは伝わってこず、黙々、淡々、いつもどおりを感じさせたのだった。その様子を近くで見ていた富山陽一監督は「すいませんね、純粋なヤツなんですよ」と、こちらはボリューム十分な声で言うと、「だからええんです」と続けた。

「とにかく野球に熱心で真面目・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング