週刊ベースボールONLINE

特集・2015ドラフト総決算
オリックス6位・佐藤世那 プロで“アーム式”を通用させる

 

文=高橋昌江 写真=平山耕一

「フォームを変えるつもりはありません」


 待ちに待った瞬間が来た。ドラフト開始から約2時間20分。最速146キロ右腕・佐藤世那の名前は、オリックスの6位で呼ばれた。時間が経つにつれ、険しくなっていった表情は一気に緩み、涙目になった。

「待っているときはドキドキがすごかったので、今はホッとしている状態です。チームメートが後ろから大きな声を出してくれたので、それで涙ぐんでしまいました」

 不安にかられる佐藤に向かって、「大丈夫だよ、大丈夫だよ」と小声で励まし続けていたチームメートも、指名の瞬間に喜びを爆発させていた。



 幼き日からの夢が叶った。小学校の卒業文集には、将来の夢を「プロ野球選手」と書いた。中学では硬式野球のクラブチームに入る選択肢もあったが、知り合いからの誘いもあり、小学校を卒業後は仙台育英の秀光中等教育学校に進学。代名詞のフォークボールを習得し、中学3年の秋にはKボール日本代表でプレーもした。そして、昨年。テークバックを大きく取る独特のフォームから繰り出す強いストレートと、2種類のフォークを操れるようになったことで飛躍。全国舞台で強打者相手に快投を演じ、明治神宮大会で優勝したことで、プロへの思いを強くした。

 ところが、今年1月に右ヒジの疲労骨折が判明。何とかセンバツ大会に間に合わせたものの、6月の東北大会まで不調だった。それでも、その6月にプロ志望を固める。

「自信はありませんでした。でも、ほんのわずかでも可能性があるなら、それに懸けたいと思いました。確かに6月は調子が悪かったのですが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング