週刊ベースボールONLINE

特集・2015ドラフト総決算
楽天3位・茂木栄五郎「打撃三冠すべてを獲りたい」

 

文=斎藤寿子、写真=足立雅史

対戦したいのは大谷翔平


 重信の指名から15分後、東北楽天に3位指名されたのが茂木栄五郎だ。身長171センチと小柄だが、スイングの鋭さは随一のスラッガーだ。

 今春の全日本選手権では打率.481、11打点、2本塁打と大暴れし、MVPと首位打者の2冠に輝いた。プロでも自慢の打撃力で、1年目からレギュラーを狙っている。

 高校時代の通算本塁打数はわずか6本。大学でも3年時まではアベレージヒッターというイメージだった茂木が、スラッガーへと転身したのは4年春のことだ。

小柄ながらスイングスピードの速さはピカイチ。対戦したいピッチャーに大谷翔平の名前を挙げた



「3年秋まではキレイに打つことばかりを考えていたが、4年春にそれよりも打席の中で自分のスイングをするということを意識して取り組むようになった」と明かす。もともと逆方向への打撃にも自信を持っていたという茂木。自分らしさを意識することで、鋭く強いスイングが生まれたのだ。

 さらに「ボールの下を叩いてバックスピンをかける」コツをつかみ、6〜7割の力でも飛距離を出せるようになったことも大きかった。

 そのコツを伝授してくれたのは、行きつけのジムのトレーナーだったという。

「バットが体を追い越すところで、ボールをとらえるイメージで打てば、バックスピンがかかる」

 そのアドバイスが茂木を覚醒させたのだ。

 さて、茂木と言えば、忘れてならないのが、打席での「さあ、来い!」と言う気合の入った声出しだ。もともと緊張するタイプの茂木に、高校時代、土屋恵三郎監督(現星槎国際湘南)が勧めてくれたリラックス法で、高3の夏から取り入れ、大学入学後も4年間、続けてきた。

 しかし、プロ入り後も続けるかどうかは現在検討中だ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング