週刊ベースボールONLINE

特集・ソフトバンク 2年連続日本一
李大浩 連覇を成就させた“代役四番”の力

 

 2連覇の仕上げは、やはり四番・李大浩の仕事だった。レフトポール際に大きく舞い上がった打球は、ポールを巻きながらスタンドに飛び込んだ。

「打ったのはカットボール。文句なしの当たり、切れるかどうかだけでした」

4回一死三塁で李大浩が放った打球は左翼ポール上へ



李大浩は入った、石川は切れたとゼスチャー



 2ボール1ストライクとバッティングカウントからしっかりと叩いた。ホームイン後、ヤクルト真中満監督がアピールしビデオ判定となった、約10分間、ベンチの最前列に座り、じっと判定を待った。そして下された判定はやはり「ホームラン」。全員から手荒い祝福を受け、顔はクチャクチャになった。

左翼線審の右腕は回ったが……慎重を期して日本シリーズ初のビデオ判定に。結果、本塁打が認められ(写真下)先制の2点がソフトバンクに入った



 今季、工藤公康監督体制になってから、不動の四番は内川聖一が務め上げた・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング