週刊ベースボールONLINE

特集・2015年プロ野球総括
DeNA・首位で折り返すも3年ぶりの最下位に

 

143試合62勝80敗1分、勝率.437 @ホーム:36勝34敗1分、ビジター:26勝46敗、交流戦:3勝14敗1分 勝率.176 12位


投手力


 規定投球回に到達した投手が0人という屈辱を味わった。シーズン序盤は打線の援護もあり、三嶋一輝三浦大輔を含めた先発陣に勝ち星がついたが、交流戦からは先発投手陣は総崩れだった。

 期待された井納翔一は5勝8敗、山口俊が3勝6敗、モスコーソは途中から中継ぎに回った。久保康友がなんとか8勝をマークしたが、先発陣は大いに期待を裏切った。特に序盤に失点を重ねる試合が多く、イニング別の失点では初回が「98失点」とワーストだった。

 一方で若手の台頭もあった。6月に育成から支配下登録された砂田毅樹、ケガで出遅れていたルーキー石田健大という両左腕が初勝利を挙げ、ローテに加わったことは来季へ向けての大きな収穫だった。

 終盤の8回、9回は勝利の方程式が機能。田中健二朗とエレラの強力なセットアッパーが、37セーブの新人記録を樹立した山崎康晃へつないだ。

攻撃力

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング