週刊ベースボールONLINE

特集・真の「黄金世代」を探れ!
1980年生まれ 生き残りを懸ける“松坂世代”

 

 そもそも1980年生まれの彼らが注目を集めたのは、プロ入り以前の98年夏のこと。中でもメーンキャストである横浜高・松坂大輔(ソフトバンク)が、夏の甲子園の準々決勝で延長17回の死闘、決勝ではノーヒットノーランを演じるなど、心を揺さぶるゲームの連続で、お茶の間の感動を誘ったことが始まりだった。“平成の怪物”と呼ばれるようになった松坂は、その後、西武入りしすぐに日本のエースとなり、日の丸を背負ってもWBC連覇で2度の世界一に貢献するなど、傑出したタレントに成長を遂げていく。

 また、同年代から新人王が5人誕生するなど、有能な選手がそろっており、中でも投手に才能が集中していた。例えば和田毅(ソフトバンク)は10年にMVP、11年には左腕としては史上最速で通算100勝に到達するなど、球界を代表する左のエースに。ほかにも通算142勝で最多奪三振3度の杉内俊哉(巨人)、最多勝経験のある館山昌平(ヤクルト)、05年の新人王・久保康友(DeNA)、リリーフでは「火の玉ストレート」が代名詞の藤川球児(阪神)など枚挙にいとまがない。

 野手は2度の本塁打王の村田修一(巨人)がいるが、多くが一、二番タイプで渋め。加えて東出輝裕(元広島)、梵英心(広島)が内野守備で、森本稀哲(元日本ハムほか)や赤田将吾(元西武)が外野守備で評価される玄人好みする選手たちだった。

 しかし、総勢94人(外国人選手を含まず)のプロ野球選手を輩出した松坂世代も、16年は22人を残すのみとなってしまった。今年で36歳。スポーツ選手の寿命が延びているとはいえ、入団当時のスタイルを貫くことは叶わない。経験を重ね柔軟な変化で対応してきたものの、彼らの多くが崖っぷちに立たされている。

 怪物・松坂もその1人。昨季、8年間のメジャー生活に終止符を打ち、ソフトバンク入りも、故障のために一軍登板はなし。その後、手術を行っており、今季開幕も絶望である。和田、藤川はメジャー挑戦失敗の末にそれぞれの古巣に今季復帰も、メジャー帰りの成功例は少なく、否定的な意見が多い。国内組の杉内は股関節手術の影響で復帰は後半戦が濃厚。4億5000万円減の史上最大減俸を受け入れた。村田も二十歳の岡本和真との定位置争いが待ち受けるなど、一時代を築いた選手たちが生き残りを懸けた1年を迎えている。

生まれた年のデータ
■優勝チーム/セ=広島、パ=近鉄、日本一=広島
■甲子園優勝/春=高知商高[高知]、夏=横浜高[横浜]
■同学年の他競技アスリート/市川大祐、中村憲剛(サッカー)、萩原智子(水泳)、田臥勇太、五十嵐圭(バスケットボール)、朝青龍(相撲)
■主な出来事/第1回の全国規模のホワイトデー開催、「ゲーム&ウオッチ」発売、王貞治引退、モスクワ・オリンピック日本ボイコット、東京-博多間が6時間40分に、ジョン・レノン銃殺事件
■流行語/赤信号みんなで渡ればこわくない、カラスの勝手でしょ、竹の子族、とらばーゆ、ぶりっ子

ベストオーダー
1(中)森本稀哲
2(二)東出輝裕

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング