週刊ベースボールONLINE

特集・2016 新背番号に込めた決意
球史に残る“ミスター”たちの背番号の系譜

 

現在進行形でミスターの称号を継承しているのは、ヤクルト山田哲人の「1」だけと言っていい。ただ、他球団でも決して軽視されてきたわけではない。永久欠番となった巨人の3、広島の8もあるし、阪神のように、複数のミスター番号がある球団もある。

 日本球界で最初に“ミスター”の称号がついたのは、ミスタータイガース、藤村富美男だ。強打のサードで、ショーマンとも呼ばれ、オーバーアクションも特徴の豪傑だった。そして、ミスターの称号を自らの代名詞(さらに愛称)にしたのが、巨人の長嶋茂雄

#3 長嶋茂雄[1958-1974]



 藤村同様、強打のサードで、太陽のように明るい男だった。以後チームを背負う強打者、特に三塁手に“ミスター”が冠せられる傾向が生まれたが、なかなか定着する選手はいなかった。しかも、長嶋の背番号3は引退後、永久欠番となり(監督時に復活)、阪神は藤村の10が永久欠番となったこともあり、背番号ではなく、「ミスタータイガース」の称号が継承され、村山実の11(永久欠番)、田淵幸一の22、掛布雅之の31と番号はバラバラだ。ミスター番号を継承するためには、その選手だけでなく、受け継いだ選手の活躍、継承のタイミング、さらには球団側の“覚悟”も必要となる。

#10 藤村富美男[1936-1958]



#11 村山実[1959-1972]



#22 田淵幸一[1969-1978]



#31 掛布雅之[1974-1988、2016-]



 ヤクルトの「1」ように長い期間、受け継がれるのは稀有な例と言える・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング