週刊ベースボールONLINE

特集・GT新時代
復活を期す西岡剛 座右の銘は「先憂後楽」

 

たび重なる故障に泣かされているかつてのスピードスター。西岡剛の復活はチームを優勝に導く原動力となるだろう。

レギュラー奪取に意欲


練習試合、オープン戦では打撃が好調だ。状況に応じたバッティングで二塁手争いで猛アピール



 健在ぶりを証明する一撃だった。西岡剛が強烈な存在感を示したのは2月16日、沖縄・宜野座で行われた楽天との練習試合だ。「一番・二塁」でスタメン出場。3回一死二塁の第2打席。2ボールからの3球目、安樂智大が投じた速球を完ペきにとらえる。外野手はピクリとも動かない。白球は瞬く間に右翼の芝生席を心地よく弾んだ。

 勢いに乗れば止まらないのが西岡の特徴だ。5回は入野貴大の初球をとらえる。痛烈なピッチャー返しで足元を破る。中前へ。堂々とマルチ安打を刻んだ。天性のミート力は、まったく衰えていない。

 上本博紀大和と三塁のレギュラーを競う中、もっとも実績がある西岡も譲らず、アピールする。この日は打線が爆発。

「横田(慎太郎)、江越(大賀)、陽川(尚将)を大きく取り扱ってください。その下に西岡がホームラン打ったと書いておいてください」と謙そんしたが、その充実ぶりは隠しようがない・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング