週刊ベースボールONLINE

2016年開幕特集
開幕3戦で見えたラミレス采配の有効性

 

就任と同時にDeNAが目指す野球を明確に提示してきたラミレス監督。いざシーズンの幕が開け、それらはどう実践され、機能したのか。広島との開幕カードを振り返る。
取材=滝川和臣、写真=湯浅芳昭

指揮官の“意識改革”


 ラミレス監督が率いる新生DeNAが開幕を迎えた。新指揮官の手腕を評価するには、時期尚早ではあるものの、すでに開幕時点で誤算があったことは事実。二番に起用予定だった梶谷隆幸の不在だ。左のプルヒッターを二番に据えて、得点力アップという青写真は、彼のケガ(左脇腹部の筋肉の炎症)により崩れた。開幕オーダーでは同じ左打者の荒波を二番に起用。当初の攻撃的な構想を実現させるためにも、梶谷の早期復帰が待たれるところだ。

 戦略面でいえば、ラミレス監督が説く「機動力」という部分では盗塁やエンドランなど“動く”場面はほとんど見られなかった。2戦目は広島の黒田博樹を前に10安打を放ちながら1得点に終わった。足を使った揺さぶりをかけるチャンスもあったが、このあたりの戦いぶりは今後も注視していきたい。

 その一方で、監督の考えが浸透していたと感じられたのが配球にあった

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング