週刊ベースボールONLINE

特集「我はエースなり!」

各球団の時代をつくった「エース」の系譜

 

ソフトバンク(南海38年→近畿日本44年→グレートリング46年→南海ホークス47年途中→福岡ダイエーホークス89年→福岡ソフトバンクホークス05年〜)





 球団史上初の日本一に輝いた59年、日本シリーズで4連投4勝の杉浦忠はまさにエースの働き。2年目のこのシーズンは38勝4敗、防御率1.40で最多勝、最優秀防御率、MVPに輝いた。皆川睦雄は球団唯一の200勝投手。斉藤和巳は00年代の常勝ホークスを支えたが、慢性的に右肩痛を抱え、短命で選手寿命を終えた。78年から98年に3位になるまで続いた連続Bクラスの暗黒の時代は山内和宏山内孝徳加藤伸一らが奮闘。99年に王貞治監督の下で九州移転後初優勝を飾ると、斉藤、和田毅杉内俊哉新垣渚で投手王国を形成し、黄金期を築いた。

日本ハム(セネタース46年→東急フライヤーズ47年→急映フライヤーズ48年→東急フライヤーズ49年→東映フライヤーズ54年→日拓ホームフライヤーズ73年→日本ハム・ファイターズ74年→北海道日本ハムファイターズ2004年〜)

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング