週刊ベースボールONLINE

2016春・ドラフト特集

履正社高・寺島成輝 主役へ名乗り上げる148キロ左腕

 


取材・文=谷上史朗、写真=太田裕史

 昨秋は36回を投げ奪三振45で、与えた四死球わずかに4。140キロ台のストレートを軸に投げ込む本格左腕は高い制球力も備える。その寺島成輝のボールが珍しく荒れていた。金光大阪高との春初戦。コールドで勝利した試合、8回を6安打、9奪三振で完封も4つの四球を出したのだ。高めに浮く球が目立ち、試合後には本人も「力んでしまって抜け球も多くて」。久しぶりの実戦登板で感覚にズレがあった、とも。

 一方で直球には手応えを感じた。「威力は秋より上がった実感があります。(打者を)押し込める感じがありました」。昨秋の戦いを終え、課題は直球のレベルアップだった。最速は昨夏前の練習試合で出した148キロ。常時では140キロ前後が多いが「指にかかった真っすぐをコースに決められたら打たれない自信はあります」と当時から話していた。そこから最終学年に求めたイメージは「少々甘くなってもとらえられない強さ」。この日の投球では快音を響かせられたケースもあったが「ピンチで抑えられた点が良かった」と振り返ったように、勝負所のストレートには力があった。

1年夏から今春まで4回の甲子園出場のチャンスを逃してきた。最後の夏に結果を残すためにも、春から勝負をかける



 今年の高校生のドラフト戦線は現時点では主役が定まっていない。その中で主役候補の筆頭に寺島の名を挙げるスカウトは多い・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング