週刊ベースボールONLINE

2016春・ドラフト特集

横浜高・藤平尚真 全国制覇を目指す152キロ剛腕

 


取材・文=岡本朋祐、写真=大賀章好

 霧ケ丘高との県大会2回戦は、横浜高の本拠地・長浜グラウンドだった。六番・右翼で先発した藤平尚真は5回終了時のインターバルを利用して、三塁側ブルペンで調整を始めた。7回から救援すると、オール直球で三者連続三振を奪った。目的は明確だ。「周りからは『速い』とは言われますけど、空振りを取れる真っすぐではないんです。バッターが真っすぐと分かっていても、打てない球質を目指している」。背番号1を着けた昨夏は県大会決勝で、全国制覇を遂げる東海大相模高に敗退。同夏限りでの勇退を発表していた名将・渡辺元智前監督(現総監督)に、有終の美を飾らせることができなかった。

3月24日、日大三高[東京]との練習試合で自己最速を1キロ更新する152キロをマーク。昨秋の屈辱から一冬を越えて、確実に成長している


 雪辱を期した同秋は県大会優勝。しかし、センバツ出場をかけた関東大会では常総学院高(茨城)との1回戦で敗退する。藤平は痛恨の逆転2ランを浴びた。「あの試合を終えてから、冬場は悔しさを忘れないで練習した」。下半身のウエート・トレーニングと体幹強化で体重は7キロアップ。足腰が安定したことから、渡辺総監督からの助言で、左足を高く上げるフォームに改良した。打者との間を作るのと、スムーズな体重移動でより、キレのある真っすぐを投げる意図があった・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング