週刊ベースボールONLINE

2016交流戦展望

阪神・岩貞祐太インタビュー「絶対に力負けはしたくない」

 

開幕から先発ローテに入り、防御率1点台で奪三振数はリーグ2位と抜群の投球内容を見せている岩貞祐太。安定感ある投手へと変貌したのは投球フォーム改造によるところが大きかった。すっかり体に染み込んだ新フォームでさらなる成長を目指し、交流戦でも先発の軸としてチームの勝利のために腕を振っていく。
取材・構成=椎屋博幸、写真=早浪章弘


新しい投球フォームで昨年の屈辱を晴らす


――今季、先発ローテ投手としてしっかりと仕事をしている中で交流戦を迎えます。

岩貞 昨年2試合先発(1勝0敗)をさせてもらいましたが、先発ローテ投手としては初めてになります。交流戦はパ・リーグが強くて、セ・リーグは負け越していますよね。個人的な目標としては、しっかり腕を振って絶対に力負けはしたくないです。

――今年は投球内容もいい感じにきていますから、楽しみにしているのではないですか。

岩貞 ロッテソフトバンク以外は初対戦になります。こういう場合には投手有利になると思うので思い切り腕を振っていきたいです。相手がどうのこうのよりもまずはキャッチャーと対策を練って、しっかり呼吸を合わせて臨みたいです。

――特別に意識するチームはありますか。

岩貞 ソフトバンクですね・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング