週刊ベースボールONLINE

優勝間近!広島カープ大特集

広島・球団通訳が語る 助っ人マル秘裏話

 

外国人選手の活躍は頼もしい限りだが、彼らのプレーは、グラウンド内外で支えてくれる通訳の存在があるからこそ。在籍13年目の松長通訳にこれまでの思い出を語ってもらった。
取材・構成=吉見淳司、写真=BBM

ジャクソンと会話を交わす松長通訳


異色の経歴から通訳に就職


 松長洋文通訳は異色の経歴の持ち主だ。2004年に広島で通訳を務めるまではニュージーランドに在住し、日本から自動車を輸入・修理し、現地のディーラーに販売するエンジニアの職業に就いていた。

 日本に帰国し、英語を使った仕事をしたいと就職活動を行っていたところ、知人からの紹介で広島の通訳に応募し見事合格。帰国から2カ月足らずでのとんとん拍子だった。

 それまで通訳の経験はなく、野球部に所属していたのは高校まで。助っ人だけではなく日本人の選手やコーチからも多くのことを教わりながら、毎日が勉強の日々を送っていた。

「最初、特に戸惑ったのが野球独特の言い回しですね。例えば打撃コーチに『カベをつくって打て』と言われた場合、英語で『メイク・ア・ウォール』と直訳しても、選手は『は?』という感じで(苦笑)」

 つまりは「体を開くな」ということなのだから、この場合は「ステイ・スクエア(直角に保つ)」という言い回しになる。そんな擦り合わせをしながら、徐々に通訳としての経験を深めていった。

 大きな影響を受けたのが06年に監督に就任したブラウンだった。

「ブラウン監督は野球に関してとにかく真剣で熱い。何事も包み隠さずすべて話す方でしたね」

 ブラウンはほめて伸ばすアメリカ式。だが、持ち上げる言葉をそのまま選手に伝えても、日本人は構えてしまうところがある。就任1年目は文化の違いに戸惑っていた部分もあったというが、「アメリカはこうだ」「日本はこうだ」と話し合いながら次第に距離を詰めていった・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング