週刊ベースボールONLINE

優勝間近!広島カープ大特集

「カープ」じゃなかった時期がある!? “カープクイズ歴史編”に挑戦!

 

悲願の優勝に向けて走る広島カープ。近年は“カープ女子”の登場などで、すっかり客席も若返った。もしかしたらいまのカープは好きだが、過去については興味がないという人も多いかもしれない。ここではカープの長い歴史をクイズ形式で紹介していきたい。


Q1.ニックネームが「カープ」じゃなかった時期があります。そのときは、なんだったのでしょう?
Q2.初代監督・石本秀一は試合中ベンチにいないことが多かった。どこにいたのでしょう?
Q3.75年の初優勝イヤー、指揮を執ったのは監督代行を入れて3人。全員の名前を知っていますか?
Q4.“江夏の21球”は有名だが、これは9回のみの球数。実際には何球を投げたのでしょう?
Q5.91年の優勝イヤー、祝勝会のビール掛けはどこでやったでしょう?


Q1.ニックネームが「カープ」じゃなかった時期があります。そのときは、なんだったのでしょう?
A1.広島カープス

「カープス」と複数形だった時期がある。まずは49年9月28日付の中国新聞で「チーム名は“鯉”」という見出しで記事が載り、鯉にはカープのルビが振られていたが、2日後の新聞には「“カープス”中央リーグ(※セントラル・リーグを指す)入り」とある。ジャイアンツなど、ほかのチームにならってであろう。大学関係者などから「CARPは複数形にならない」と指摘があり、すぐカープに戻したが、翌年、平和台球場での開幕戦の際、入場行進のプラカードは「廣島カープス」。当時はその程度で、あまり気にしてなかったのだろう。鯉は市内を流れる太田川が名産地で流域にある広島城は「鯉城」とも言われている。

 ちなみに案はほかに「レインボーズ(虹)」「アトムズ(原爆)」「ブラックベア(黒熊)」「ピジョン(鳩)」などがあった。アトムズは被爆地・広島のニックネームとしては無神経過ぎるようにも思うが、“ノーモア広島”を発信するためと、意外に有力だったらしい。

Q2.初代監督・石本秀一は試合中ベンチにいないことが多かった。どこにいたのでしょう?
A2.スタンドや球場入口

樽募金風景


 広島の初代監督となったのが、石本秀一。戦前は広島商監督として日本刀の“刃渡り”などで精神面を鍛え上げ、黄金時代を築き上げた男だ。広島は自治体の支援を軸とし、親会社のない市民球団としてスタートしたため、当初は資金難に苦しんだ。1年目の終わり51年シーズン前には給料の支払いの遅れもあって、連盟からチームの解散、大洋との合併を勧められ、ほぼ決まりかけたが、これを知った広島の県民、市民が集まって「われわれが力になる、面倒をみる、カネも出す」と県、市、中国新聞などへ押し寄せて涙ながらに訴え、連盟も存続を認めることになった・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング