週刊ベースボールONLINE

特集・2016高校生ドラフト

横浜高・藤平尚真 追い求める究極のストレート

 

今年の高校生ドラフト戦線は投高打低の傾向にある。つまり、打者よりも可能性を秘めた投手が豊作と言われている。なかでも“BIG4”と呼ばれる4投手の完成度は高く、高校生レベルを超越した逸材球児たちだ。台湾の大会では4人が前評判どおりの投球を披露し、アジアを席巻した。
取材・文=岡本朋祐、写真=高原由佳


 履正社高・寺島成輝と投げ合った甲子園2回戦敗退から9日後の8月23日、152キロ右腕・藤平尚真は進化を遂げ、中学3年時のU-15に続く侍ジャパンへ合流した。神奈川大会決勝(対慶応高)から甲子園2試合を通じ「制球が安定する」と、無走者でもセットポジション。しかし、理想のフォームではなかった。

「甲子園が終わってから、体を休めていた中で見直していたんです。もっと良いストレートを研究しました」

 今夏の映像を確認すると、2つのチェックポイントが見つかった。

「上体が前に突っ込んでおり、上げる左足がガクガクしていたんです。ゆっくりとお尻から入って、骨盤を入れるようにし、一本の軸で立つ」

 体のメカニズムを理解しているからこそ、自分の言葉で表現できる。ノーワインドアップから軸足(右)でしっかりと立ち、左足で間(ま)を取りながらスムーズな流れで着地し、リリースへつなぐ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング