週刊ベースボールONLINE

2016ドラフト直前展望

創価大・田中正義 印象づけた「完全復活」と水面下の葛藤

 

右肩違和感の回復ぶりが心配されていたが、この秋、エース兼主将としてマウンドを守り、周囲の不安を一掃している/取材・文=岡本朋祐、写真=藤井勝治


 この秋はノーワインドアップではなく、無走者であっても、セットポジションで投げている。「今の感覚でより、いい状態を探っていく。ワインドアップに戻すことは難しいです」。躍動感ある姿を知る者からすれば、やや物足りない。そこで聞いた。

「今後は、元に戻しますか?」

 すると、田中正義は鋭い目で即答。

「この秋しか、考えていないので」

 最後の秋に目指すはリーグV奪回、悲願の大学日本一。エース兼主将は、目の前の戦いだけに集中している。

 田中はラストシーズンを控えた夏場、十分な投げ込みができなかった。右肩関節炎症により、今春のリーグ戦登板は2試合。3月上旬、侍ジャパントップチーム強化試合への招集が予定されていたが、1カ月前倒しの調整がうまくいかず、見送られた。

 4月の開幕を照準にしていたが、高校1年時にも痛めた右肩に負担がかかる。筋肉が落ち、関節が緩くなったのが“違和感”の原因。再発防止のため、インナーマッスルを鍛えた。慎重にキャッチボール、ブルペン入りと段階を踏んだ。実戦復帰も間近の矢先、7月下旬に右太ももの軽い肉離れで、復活プランに狂いが生じた。

 走り込みも満足にできず、オープン戦2試合を経て開幕。高千穂大1回戦(8回1失点)、共栄大1回戦(6回1失点)で勝利投手。だが、共栄大戦の翌日には熱中症に近い症状が出るなど、納得できない状況が続いた。

雨天中断再開後の“続投”が復調の証


 故障個所が古傷ということで今秋、スカウトは確認に追われた。“最終評価”を決めたのは、東京国際大1回戦(9月24日)だ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング