週刊ベースボールONLINE

日本シリーズ特別コラム

敗れざる者 「悲運の名将」と呼ばれた男、西本幸雄

 

日本一には一度もなれなかった西本幸雄監督。ただ、それがこの男の指揮官としての評価を下げるわけではない


「悲運の名将」と呼ばれた男がいる。しかし、その男、西本幸雄は、無愛想なしかめっつらで、いつも否定した。

「選手のおかげで8度もリーグ優勝ができたんや。何が悲運や。こんな幸せな男がどこにおる」

 そう8度、勝った。だが、そのすべてで日本シリーズで負けた……。

 1960年、40歳で大毎(現ロッテ)監督に就任し、1年目で優勝。しかし、日本シリーズで三原脩率いる大洋に0勝4敗で敗れると、直後に解任となった。スクイズ失敗があり、それを消極策と感じたオーナー、永田雅一が「なんでスクイズなんだ。評論家は、あんなことしないと言っているぞ」と怒りの電話。それに「チームを一番知っているのは私」と一歩も引かず反論。最後は永田の「バカヤロー!」で電話を切られた。

 次は阪急だ。63年、43歳で就任。出来上がっていた大毎と違い、弱く、負け犬根性が染みついていた。西本は、若手を徹底的に鍛え上げ、67年に初優勝に導く。球史に残る奇跡と言っていい。優勝したからではなく・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング