週刊ベースボールONLINE

2016年ドラフト総決算

ソフトバンク1位・田中正義(創価大・投手) 5球団競合の末、若鷹軍団に超即戦力加入

 

創価大からは東北楽天2位で、創価高から一緒にプレーしてきた右腕・池田隆英(左から3人目)も指名を受け、4年間指導してきた岸雅司監督(左端)も二重の喜びとなった


会議直前まで貫いた“ストイック”な姿勢


 自分に向けられているマイクを何度も小突く。ほどなくして、息をつくと、周囲を見渡す。それでも、口は真一文字に結ばれたまま。ドラフト会議開始10分前の16時50分に会見場に現れた、今年最大の“目玉”である田中正義は、マウンドでは決して見せることのない落ち着かぬ様子で、“そのとき”を待っていた。

「あまり(ドラフトの)情報は見ていないんです。でも、今日の朝は見ました。新聞の一面に(名前が)出ていて。そんな選手じゃないのに」

 この日ばかりは意識せずにはいられなかった。一時は「12球団競合」とまで言われた最速156キロの剛球が武器の超逸材。世間の関心は、右腕の進路に集まった。そんな自身の将来を大きく左右する日。珍しく「緊張しました」というのも無理はない。

 だが、会議開始の数時間前までは“ストイック”な面を貫いていた。午前中はいつもどおり練習をこなし、その後にジムへと向かい約2時間ウエート・トレーニングで汗を流した。その行動は高校3年時、そして大学での4年間を肝に銘じているからこそ。創価高3年時に右肩を痛め、最後の夏は外野手として出場。大学では投手一本を貫いて成長を遂げたが、今年2月に右肩に違和感を覚え、4月には「右肩関節の炎症」を発症している。実は、昨年の10月からの2カ月間「筋肉を付けずに、しならせるように腕を使いたい」と、自らの判断でウエート・トレーニングを辞めた。これが炎症の原因だと、創価大の岸雅司監督は言う・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング