週刊ベースボールONLINE

2016年ドラフト総決算

ヤクルト1位・寺島成輝(履正社高・投手) 完成度と安定度でツバメ軍団の大黒柱へ

 

3年間、指導してもらった履正社高・岡田監督から祝福の握手。3年夏の甲子園では3回戦敗退も、いわて国体で初優勝を遂げ恩返しできた


ヤクルト指名で浮かんだ“あの人”の顔


「外れ1位になるんじゃないか」

 ドラフト直前、こう話すスカウトの声を続けて聞いた。寺島成輝本人も新聞報道などに触れながら、各球団の空気を感じていたことだろう。それだけに、指名後は普段冷静な男の顔もほころんだ。

「外れじゃなく、1位でかかってほしいとずっと思っていたので、名前が呼ばれたときはゾワッとしました」

 ドラフト当日の履正社高は試験前日により休校だったため、ドラフト開始の約1時間前に両親と登校。そこからしばらくは「思っていたより緊張しました」と落ち着かない時間を過ごした。ただ、その間も、前日まで同様、ドラフトを予想したり、指名球団を頭に浮かべるようなことはなかった。普段から妄想はしない。その寺島が唯一こだわった“外れではない1位指名”を実現したのがヤクルトだった。「ゾワッ」とした直後には“あの人”の顔が浮かんだ。

「雲の上のような方と一緒に野球をできる環境が楽しみです」

 履正社高の先輩で今や球界を代表するスター選手となった山田哲人。今オフ、母校の練習グラウンドで自主トレを行った山田と顔を合わせた・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング