週刊ベースボールONLINE

2016年ドラフト総決算

ヤクルト2位・星知弥(明大・投手) 156キロ右腕の大いなる可能性

 

今秋のリーグ戦では自己最速を2キロ更新する156キロを計測。高校時代からドラフト上位候補に挙がっていた


 ヤクルトからの2位指名は、少しばかり不運なタイミングだった。というのも、同じ明大で主将の柳裕也が一足先に中日から1位指名を受けており、星知弥の名前が読み上げられたのは、その柳が胴上げ撮影のため、取材陣を引き連れて別室へ移動した後だったからだ。記者会見は、しばしお預け。自身の撮影後、ようやく喜びの声を聞けたのは指名から約1時間後のことだ。すでに落ち着きを取り戻していた星だったが、その柳について問われると、チラリ、チラリとライバル心をのぞかせた。

「4年間一緒にやってきましたが、プロでは思い切り投げ合いたい」

 宇都宮工高時代から150キロを超える速球で、すでにスカウトの注目の的。腕を磨くためにとプロ志望届を提出せず、明治の門を叩いたわけだが、その選択は間違いではなかった・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング