週刊ベースボールONLINE

2016日本シリーズ総決算

2016日本シリーズ第6戦レポート とどめはレアードの満塁弾!

 

2点を勝ち越し、なお二死満塁の場面でレアードが左中間へダメ押しの満塁弾。とどめの一打で大勢は決した


 どよめきが起こった。4対4の8回二死満塁。日本ハムの四番・中田翔が打席に向かった後、ネクスト・バッタースサークルに姿を現したのは、大谷翔平だった。

 栗山英樹監督が仕掛けた、マウンドとバッターボックスの外での2つの駆け引き。日本シリーズ2度目の指揮官の罠が、広島32年ぶりの夢を打ち砕いた。

 1つ目のキーは一塁走者だった。二死から右前打で出塁した西川遥輝は、何度も走るそぶりを見せてマウンド上の広島・ジャクソンを揺さぶる。5度けん制をするなど集中力を乱されたジャクソンは、ボール先行となり、中島卓也岡大海に連打を許して満塁とされた。

 逃げ場のない状況で、打席には主砲の中田。さらに次打者は投手のバースだったが、切り札とも言える大谷がヘルメットをかぶって準備を整えている。平常心で投げられる状況ではなかった。

「『おそらく代わらないと思うけど、プレッシャーをかける意味でもネクストに入ってくれ』と言われました。僕としては打席に入る感じはなかったですし、バースがそのまま投げる展開でした」

4対4で迎えた8回表。二死満塁で打席に中田飛を迎えた場面で、大谷がネクストバッターズサークルに


 試合後、大谷はチームの指示を明かした・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング