週刊ベースボールONLINE

特集・2017ルーキー闘争宣言
大山悠輔x中塚駿太 高校&大学チームメート特別対談 プロで対戦して恩返し!
大山悠輔x中塚駿太 高校&大学チームメート特別対談

 

茨城・つくば秀英高、栃木・白鴎大で7年間、ともにチームメートとして過ごした。阪神にドラフト1位指名された大山悠輔西武にドラフト2位指名された中塚駿太。全日本の四番も張った内野手、MAX157キロの剛球が魅力の右腕と、ともにプロ野球界の未来を担う逸材だ。この2人がお互いについて、プロについて、語り合った。
取材・構成=小林光男、写真=神山陽平(インタビュー)、大賀章好

内に秘めるタイプの2人


中塚 ドラフト当日、大山の名前が阪神のドラフト1位で呼ばれて、本当に驚いた。周囲もびっくりしていたけど……。本人が一番驚いたんじゃないかな。

大山 何が起こったのか分からなかった。頭が真っ白になったし、時間が止まって、現実ではないような感覚。周囲を見て、「自分なんだ」とわれに返ったよ。

中塚 僕自身も2位という早い順位で名前が呼ばれることはないと思っていたので、びっくりした。

大山 僕は中塚が2位でも驚くことはなかった。ずっと一緒にプレーしてきたし、素直にうれしかった。

中塚 高校の2年先輩に塚原(塚原頌平オリックス)さんがいて、大山はいつかはそういう存在になるだろうと思っていたけど、2人そろってプロに行けるなんて当時は考えてもみなかった。

大山 僕も高校時代は投手をやっていて、中塚とブルペンで一緒に投げていたけど、体の柔軟性が優れていた。球速は最初、同じくらいだったけど、ドンドン引き離されて。ただ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング