週刊ベースボールONLINE

特集・2017ルーキー闘争宣言

ドラフト指名選手即戦力チェック・ソフトバンク 1位・田中正義以外は数年後のレギュラー狙う

 

 今季はリーグ優勝こそ日本ハムにさらわれたものの、シーズン83勝、勝率.606は悪くない数字。2ケタ勝利投手も和田毅(15勝)、武田翔太(14勝)、千賀滉大(12勝)と3人を数えた。しかし、工藤公康監督は「黄金時代には第一に投手力」と貪欲。ドラフト1位右腕・田中正義(創価大)には「20代の選手たちと競争して枠の中に入ってきてもらいたい」と大きな期待を寄せている。

 しかし、立場が約束されているとはいえ、現実は甘くはない。現時点で来季の先発枠に入り込むと思われるのが、今季の2ケタ勝利投手3人+バンデンハーク。残る2枠にも若手では東浜巨岩嵜翔、ベテランの実績組では攝津正中田賢一大隣憲司と多士済々。まずは14、15年のドラフト1位組の松本裕樹高橋純平らとともに二軍の先発ローテーションで経験を積むのが現実的な路線ではあるだろう。

 2位以下で獲得した高校生3選手も同様で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング